ちんこに脳みそがある魔物。

1月 9, 2022

私は初恋をする前から成人男性の膨張した性器(変態露出狂などの)をみて
育ったので、ちんこには複雑な思いを抱いており
これは今でも思うことですが、男性はちんこに脳みそがあり、そこから頭の脳みそに
指令を出していて、世の男性の大半は「ちんこに支配されている」のだと信じていました。

あれは中学生のとき。
下校中、成人男性がちんこ丸出しで自転車に乗って追いかけてきたり、
仁王立ちで激しくオナニーしながらおしっこをかけてこようとしたり、
道を聞いてくるようなそぶりで近づいてくると思ったらちんこ丸出しだったり、
とにかく私の幼き日の忌わしい記憶が、そうさせているのでした。
えーんえーんと泣いて逃げても、巨大にそそり立った男性器が迫ってくる。
そんな恐ろしい夢を幼いころは、何度もみてうなされていました。

先日、受付の女性にカラんでいたら、彼女はみうらじゅんさんのファンらしくて

彼の著書をたくさん持っているそうで、彼女にその「ちんこ脳みそ」の話しを力説していたら
みうらじゅんさんも彼の著書の中でそういう話をしていらしたそうです。
でも彼の理論では、脳みそをちんこに支配されるのは、男として「恥」なのだ
ということでした。

もともと日本人は儒教の影響をうけている民族で、年長者を敬い礼儀を重んじる民族でした。
最近は薄れてきていますが、他人はもちろんのこと、
自分を貶めたり、自分の人格を否定するような恥ずかしいことはしないという、
「恥」や「誇り」の精神をもっていました。とくに男性は。

「日本男児たるもの理性をもち、ちんこに脳を支配されるな!」
みうらじゅんさんは、そのように論じているらしいのですが、ご自身に至っては
奥様以外の女性を孕ませるなど、かなり矛盾している点も多いことから、
男性はやはりちんこに脳を支配されている生き物であり、
理屈っぽく理想を唱えることによって自分を戒めたり、それによって
ただ単に安心している生き物なのだと、そう思う次第でありました。

でも、ちんこ論では意見があうと思うので、みうらじゅんさんとお酒を飲み交わしてみたいな、
とも思いました。
そして、マゾというおそるべき魔物について私の見解をお話してみたいです。

odenden.jpg
2011年3月11日の投稿です。