不安定に生きてみる。

人はすべてにおいてバランスをとって生きている存在だと思います。
何かに偏りすぎてもいけない。たとえば善と悪。

善ばかりでは息苦しくなるし、かといって悪に染まれば誰かの迷惑になる。

人間はどちらも持ち合わせて不安定に生きているのが当然で
不安定を知るから安定を得ることができるのかもしれない。

反対に、己の弱さを知れば強さも自ずと知ることができるのではないでしょうか。

ayagonzy.jpg

自分の中の悪って、何でしょう。

わたしの経験上申し上げることがあるとすればそれは、

善によって悪を駆逐するのではなく、自分の中の悪を認めてそれと共存することで
善と健やかに生きる。

ということに尽きると思います。

東洋思想での「太極」が陰と陽で成り立っているように、人間にも善と悪
どちらも必要なものなのです。

あなたがこのブログをお読みならば、SM行為や変態行為に答えがあるのかも
しれない。

それがぼんやりわかってはいるが、具体的にどういうものかわからないのであれば
ご自分の信頼できるドミナにお聞きになってみてはいかがでしょうか。

きっと、良い答えが返ってくると思います。

写真は飯田橋博士の作品です。
飯田橋チャンのサイトはこちら。
02.jpg
♪脚フェチサイト「またたび」♪